行燈制作の紹介 〜横町 台締〜

   横町 台締  4月29日撮影  〜大行燈台  昼の作業準備、夜の作業〜
 町内総出の作業、町外に住む人も参加、この日に出てくることは 「祭り当日も顔を出す、よろしく」  との挨拶の意味があると言えます。
 町内に神明社のある横町は、台締のあとチビ行燈〜大行燈の4つの台を神社、神明社へ運び、参り ます。
 祭り当日は横町の入り口、他の町内の行燈を迎えるように並び、自分の町以外、すべての町内を周 り、自町、横町へ帰るときに神社へ参ります。
 次ページレンガク(田楽) 武者絵  TOPようこそ福野 夜高祭へ