夜高祭へあと 一週間    平成14年4月26日掲載、29日一部追加
 4月に入り祭りの準備として
   7日(日) 全体裁許会、
  14日(日) 電話線・道路破損・障害物等の安全点検
  13〜14日前後から各町内太鼓の練習が始まりました。                       
  上町・七津屋、横町では5月3日(祝)に出す曳山の、山蔵の片付け点検等の準備がされていま
す。
  20日には、記念誌部会により、お年寄りに昔の夜高祭の様子を聞く会が開かれ、
  「昭和の初めに台に車が付けられ、2日目には一斉に他の町も付け始めた。」
 「台に車を付けてから、台の強度が持たず、作り替えが始まり、浦町が一尺一寸のズリをだした。」
 「戦後、大行灯を出したときローソクがなくて、車のバッテリーを外して電球を点けた。」
 「戦前から御蔵町は法被着とったけど、喧嘩のとき警察が町内判らんで、33年から全町が法被を
  着るようになった。 デザイン募集して決めたものだ。」
 「行灯の歌が、上り下りもないし、いい加減になっている、子供に教えて欲しい。」 
 「うちは台を一尺出す、というと三〜五尺出てしもうけど、新町はしっかり一尺出す、それは大工
  さんが多て力がある。 今も、しっかり引き廻しするのは新町だ。」など〜
  

 太鼓、台締の案内 辰巳町より
ミニ行灯の展示も開始
  4月26日〜5月7日 ギャラリー市の里2号館

 七津屋大行灯の台  29日朝撮影
祭りを迎える横町通り
*画像にマウスをのせてください
  「街灯を倒し、幅を広げています」

 次項目 写真集 1  TOP ようこそ福野 夜高祭へ