行灯写真集 2 〜皆さんから寄せられた写真〜
  横町 大黒、 横町 大黒(後ろに宝船)と 横町 高御座、 横町 高御座、(尾川 和信 氏より)
浦町大黒30年、浦町花咲爺・辰巳町 宝船・浦町中行灯(39年町広報)、浦町 金閣(昭和56年)

 横町(提灯、法被から)唐獅子?と新町 34年 苗田氏より

You Tube、livedoor PICSより
の livedoor PICSで大きい画像を見れます。
 上段の横町の高御座、苗田氏資料2に出てく
る唐獅子は大行灯に匹敵する中行灯と言われ
る。
昭和40年頃から高校生は大行灯についている
が、以前は担ぎ手も多く、1町内に大行灯は1本
なので便宜上中行灯として出した。「高校のと
き、(横町)高御座で、ケンカする〜と言って並ん
どったけど怖くて、電柱と心棒をロープで縛っとっ
た〜」というのをきいた覚えがありますし、上段右
の高御座の吊物(大判・鍵・糸巻)は大行灯の大
黒の後ろに付けていた覚えがあります。 大きさ
が同じなので転用ができる。
 また、年によって唐獅子を大行燈として出すな
ど、横町では大黒、唐獅子、高御座を、大行燈・
または中行燈として交互に出した頃があるそうで
す。
 下段の、浦町行灯について、年に幅はあるが、
大黒の傘鉾の模様(「浦」の文字、丸の模様、斜
め格子模様が浦町行灯に見られる)と異なり、山
車は大黒、花咲爺(2〜3年間)、花車(白黒写
真)、花車(カラー写真)、御所車(48年東京)、金
閣、御所車と推移したのではないでしょうか。
次ページ苗田氏 資 料  TOP ようこそ福野 夜高祭へ