褥瘡予防への取り組み

私達は、褥瘡(床ずれ)の予防・早期発見・早期治療を目指し、より良いケアの提供を目的として活動しています。

メンバー構成

  医師・看護職・介護職・理学療法士・栄養士など多職種で構成しています。

活動内容

   ◎1回/月 定例委員会  症例検討会
  ◎1回/月 褥瘡回診
  ◎新採用者研修・職員研修を各1回/年実施しています。

★褥瘡回診の場面です。

毎月定例委員会前に医師を中心にチームメンバーで回診しています。

その後症例検討会を行い、治療内容や栄養、除圧目的の枕の当て方などの問題点、解決策について意見交換をしています。

★職員研修会の場面です。

職員研修会です。昨年は褥瘡予防の為の体位変換や安楽な体位について体験(やってみる)研修を行いました。特にねじれ姿勢の患者体験が「今後、体位変換時の苦痛軽減に努める上で役立つ」と好評でした。

ふくの若葉病院 褥瘡プロジェクトチーム
平成27年9月