患者さんの権利について

当院では、患者さんのベストパートナーとしての医療・看護・介護を目指しております。そのため、当院の医師及び医療従事者は、以下の「患者さんの権利」を認識し擁護しております。

1)良質の医療を受ける権利
2)選択の自由の権利
3)自己決定の権利
4)情報を得る権利
5)機密保持を得る権利
6)健康教育を受ける権利
7)尊厳を得る権利
8)宗教的支援を受ける権利

当院では、「患者さんの権利」を尊重するために、以下の5点について取り組みを行っております。

1.インフォームド・コンセント

医療・看護・介護の方針や内容について、患者さんやご家族に解りやすい言葉で説明し、十分なご理解に基づく選択と承諾の下で、医療・看護・介護を行います。

2.セカンド・オピニオン

現在行っている医療について、別の医師や医療機関の意見を求めたいと希望される方には、積極的に協力をいたします。

3.診療情報開示

ご自身の診療録(カルテ)等の診療情報の閲覧・謄写を希望される患者さんには、医師と患者さん及びそのご家族が相互に信頼関係を保ちながら、より質の高い医療を目指す目的で、当院の「診療情報開示規程」に則り対応いたします。

4.病室の氏名標記

入院患者さんのプライバシーを保護する目的で、入院時に氏名標記の可否を確認いたしますので、希望されない患者さん及びご家族はお申し出ください。

5.相談室(苦情相談窓口)

当院では、1階に相談室(苦情相談窓口)を設けております。入院療養中の患者さんやご家族の悩みごと、ご心配ごとについて一緒に考え、解決のお手伝いをする専門の相談員がご相談をお受けいたしますので、お気軽にご利用ください。