■信条

誠意を尽す  一所懸命

■責任

何より大切なのは、市民の皆様の思いを市政に届けることと考えております。

■挑戦

 昨年は北陸新幹線の開業で大いに盛り上がり、小矢部のアウトレットモール開店や能越道の七尾IC延伸、そして南砺スマートIC開設など南砺市周辺の環境が大きく変革した年でありました。
 しかしながら、地域への経済波及効果は薄く、少子高齢化や人口減少なども着実に進行しております。
 今後は、東海北陸自動車道の付加車線化(4車線化の延長)や利賀ダム工事も再開予定であり、昨年の事業と併せて、千載一遇の時期を迎えます。
 この大切な流れを南砺市の経済発展の為に、そして人口対策や福祉の充実にも着実に繋げていくことが使命と感じております。
 「リクスを冒す勇気のない者は、何も為すことが出来ない」
 そんなチャレンジ精神をもって、南砺市の明るい未来のために全力を尽くします。

■「なんと」の絆

なんとの絆

人づくり

主権者教育(社会を生き抜く力)を推奨
食育の推進(健康は知・徳・体の根っこ)
ICT(情報通信技術)を活用した教育を充実
いじめを起こさせない環境づくり
教育環境の充実(ソフト・ハード両面)

活力ある地域

地域産業(商工業者)の振興と担い手への支援
農林業の振興と6次産業化への支援
金沢、白川、高山と連携した観光客誘致(外国人)
まちを元気にする社会資本の整備
空き家を利用した地域振興策(移住・定住など)
企業誘致と起業家の育成

安全・安心で暮らせる地域

結婚から育児まで切れ目のない支援を充実
女性が輝き、安心して活躍できる社会の構築
高齢者が尊厳をもって暮らせる社会システムを構築
地域包括医療ケアサービスの充実(医療・介護・福祉)
災害に強いまちづくりの実現
犯罪や交通事故、火災が起きない対策の充実
無駄のない健全な財政を目標に取り組む

夢のある地域

広域連携を通しての産業(工業、観光、先端技術)育成
広域連携的な交通網や道路のあり方を検討
東海北陸自動車道の4車線化と金沢福光連絡道路の早期実現へ
桜ヶ池スマートIC開設後の地域振興策の提案
城端駅を拠点(ハブ)とした観光ルートの拡充

歴史と文化の継承

世界遺産や文化財の護持
地域の祭りや文化の継承(担い手づくり)
歴史的価値のある町並みや景観の保存
誇りを持てる「ふるさと教育」の推進(郷土の偉人に学ぶ)


ひとつひとつ忠実に、
「一所懸命」を信条として
全力で取り組んでまいります。


皆様の暖かいご支援を
お願いいたします。

ふるじく裕一オフィシャルサイト