炭やきと健康農業の村
久利須
(くりす)の四季

久利須分校の桜

今はもう生徒もいない分校だが、桜は年々歳々変わらず花を開く。

雪が消え始めると春は一気にやってくる。いつまでも冬の気分でいると、農作業に追われることになる。まずはジャガイモの植え付けが農作業のウォーミングアップ。次に田へ出て田起こし、そして4月の中旬には苗代へ種もみを播く。久利須は、どの家も古式ゆかしい保温折衷苗代である。

保温折衷苗代


種もみを播いた上にもみがらの燻炭でおおう。その上に油紙をかぶせてなわをはっておさえる。

苗取り
一月あまりたつと苗は充分に育つ。いよいよ田植えである。苗代の苗を抜いて束ねる。

田植え
世間では連休中にすばやく田植えを済ませるが、久利須では5月中旬以降から始まる。しかも、手植えである。枠(わく)とか「ころがし」とか呼ばれる道具で地球(田の表面)にしるしをつけて、一株ずつ植えてゆく。




トップページ自己紹介炭やき入門木酢液山村の化学工場