旧北陸道は、古代から第一線級の幹線道で若干の変遷を見ながらその経路はほぼ踏襲され現代に及ぶ。越中では、400年前に、前田利長が高岡城を、築城し居城としたことで高岡を通る迂回路が開かれました。この時代の街道を加賀国境の倶利伽羅峠から越後国境までを辿る。
高岡市・土蔵造り家屋・赤レンガの銀行
加賀国境から越後国境まで辿るには、多くの河川を渡る必要があります。この時代は河川を渡る為には大変な苦労をしていた事が認識できる。旧北陸道が渡った主要12河川を上流から富山湾まで探索。
一級水系小矢部川に架かる建設中の北陸新幹線橋梁・周辺の北陸新幹線
 
加賀国境の倶利伽羅峠から越後国境まで越中の街道沿いの「史跡・名勝」に、魅せられて富山県の史跡と名勝の探索をする。又、東海北陸自動車道の全線開通により人気観光地も追加し集約しました。
富山市・松川べりの桜・富山城と桜
 
賀藩二代藩主前田利長公は、1609年(慶長14年)3月、居城富山城が大火で焼け落ちたために高岡城築城。同年9月13日家臣団を引き連れて入城。高岡開町まつりは、入城日の400年後に再現されました。利長役に俳優の勝野洋さん、妻の永姫役には、浅野ゆう子さんがふんし、武者行列が再現された。
前田利長公高岡入城大行進へのリンクは標題から
写真はクリックで拡大(1280×750)
小矢部市の35のメルヘン建築の公共施設。古今東西を問わず万民から今も貴重とされている建築構造的長所を導入、その地域特性を生かし風光、地形、排水、地盤等に特に配慮されている。このユニークな公共施設は、マスコミ等情報機関により全国に紹介され、いつしか「メルヘンの街おやべ」と呼ばれるようになった。 
メルヘン建築蟹谷小学校・北陸道小矢部インター近
歴史街道 旧北陸道
旧北陸道が渡った河川
富山県 史跡名勝の探索
石川県 史跡名勝の探索
メルヘンの街おやべ
burner01.jpg
burner02.jpg
burner04.jpg
burner10.jpg
burner07.jpg
burner06.jpg
burner09.jpg
burner05.jpg
旧北陸道沿いの数多くの史跡・名勝に魅せられて石川県の史跡・名勝を探索する。金沢城公園、特別名の勝兼六園。能登半島の名勝能登金剛、見附島、恋路海岸や輪島白米の千枚田や能登島。加賀の九谷焼窯跡。金沢中心街の長町武家屋敷跡界隈の加賀藩士屋敷跡。又、山中温泉の鶴仙渓、白山スーパー林道、綿ヶ滝等を紹介。
金沢市・特別名勝兼六園・虹橋と徽軫灯籠・雪吊り


 
富山県高岡市に「中田のかかし祭り」と「福岡町つくりもんまつり」の二つのお祭りが秋にあります。かかし祭りは会場の中田中央公園には約200体の作品が展示。つくりもんまつりは市街地に42の作品が展示(野菜や穀物等を組み合わせた芸術作品)
されている。
高岡市・かかし祭り・つくりもんまつりの作品
burner12.jpg
burner14.jpg
burner15.jpg
burner16.jpg
burner17.jpg
burner18.jpg
前田利長公高岡入城大行進
雨晴・氷見海岸
曽々木海岸・恋路海岸
料・富山県歴史の道調査報告書 北陸街道 富山県教育委員会(昭和55年(1980)12月10日発行)。
   ・富山大百科事典 北日本新聞社(1994年8月1日発行)。地元発行パンフレット、HP等
越前の緑豊かな山々、若狭の清らかな水の流れに代表される自然豊かな福井県。それを代表する語に越山若水(えつざんじゃくすい)がある。丸岡城は天正4年(1576)に柴田勝豊(勝家の甥)が築いた平山城で、天守は築城時の建築と考えられている。櫓の上に望楼をのせた形式で、望楼を住宅風にするなど古式な手法を残すところが特徴。又、奇勝東尋坊。特別名勝の朝倉氏庭園等予定。
坂井市・丸岡城
burner11.jpg
平成7年(1995)12月、白川郷・五箇山合掌造り集落が世界遺産委員会で正式に世界遺産として登録された大きな三角形の妻面を見せてそびえ立つ合掌家屋と集落の歴史的景観、そして、周囲の自然環境などが良好に保全されていることが、日本を代表する歴史的遺産として高く評価された。岐阜県大野郡の白川郷萩町集落、富山県南砺市の相倉集落、菅沼集落の3つの集落で構成。集落の中で最も大きな集落は、白川郷萩町集落です。
岐阜県大野郡・白川村大字萩町集落の和田家
title007a.gif
hp_tonami001011.jpg
top002a.jpg
hp_tonami001009.jpg
top006a.jpg
hp_tonami001007.jpg
日付 
hp_tonami001005.jpg
burner13.jpg
hp_tonami001003.jpg
世界遺産「白川郷・五箇山の合掌造り集落」とは1995年12月、ユネスコの世界遺産一覧表に文化遺産として登録されました。白川郷(岐阜県)は59棟のほか寺院本堂、ハサ小屋、神社、等々の指定もある。五箇山(富山県)には相倉集落には23棟が現存するが、約100年?200年前のものが多く、古いものは400年前に建造されたといわれる。菅沼集落には9棟が現存する。撮影日時・2015年1月5日10時頃から12時
世界遺産「五箇山合掌造り集落」(菅沼集落)へリンク
top003a.jpg
hp_tonami001002.jpg
hp_tonami001001.gif
image01.jpg
top001a.jpg
burner19.jpg
世界遺産五箇山合掌造り集落の写真クリックで拡大(1280×720)します。
top004a.jpg
2015年3月14日北陸新幹線金沢開業・新高岡駅ページへ)