こきりこの由来

「こきりこ」は、越中五箇山・上梨の山里を中心に伝承された全国的に有名な古代民謡である。

多くの民謡は起源や伝承の経緯がつまびらかでないのに比べ、この唄は『越の下草』や二十四輩順図絵『奇談北国巡杖記』などの古文献に記載されており、来歴がかなり明確である。したがって、大化改新(約1400年 前)の頃から田楽として歌いつがれてきたという語り伝えも、かなり信ぴょう性のあるものと思われる。

「こきりこ」は、越中五箇山の古社、上梨白山宮の祭礼に歌い踊られてきたが、隔絶山村として長い歴史を経た 五箇山も、大正末期から昭和初期にかけて、電源開発などにより、外界との交流が始まるにつれて忘れられていっ た。西条八十氏がこきりこ採譜のため五箇山探訪したのを契機に、昭和26年、古くから歌い継いできた上梨の 山崎しい老 (昭和38年没)の演唱を採譜して発表し、一躍脚光を浴びることになった。奈良朝の万葉集などに みる純真、素朴にして、大らかな古代日本精神を伝承する唄として、その文化的価値が認められた。そして昭和28年 、東京・日本青年館に於ける第4回選定無形文化財として、全国郷土芸能大会に出場した。

また、昭和44年、文部省が中学校の音楽教材にしていしたので、全国的に広く知られるようになった。リズム・ メロディーとも簡単で、しかも明るく軽快なこともあって多くの人々に愛されている。

昭和51年、皇太子殿下(当時皇孫)が学友と友に五箇山の巡遊の際にご鑑賞になった本場の闊達ななかに 哀愁を帯びた「こきりこ踊り」にいたく感銘を受けられた。そして平成3年、宮中恒例の歌会始に「五箇山をお とずれし日の夕餉時、森に響かふこきりこの唄」とお詠みになり、五箇山詩情の中でこきりこのしらべを見事に再 現されて、五箇山への敬慕の念をあらわされたのである。

一方、昭和50年、英国エリザベス女王の来日の際、宮中晩餐会に「こきりこ」が日本を代表する古謡として、 バック音楽に流されるという光栄に浴した。また、ウイ-ン少年合唱団の演曲にも取り入れるなど、いまや国内に とどまることなく、国際的な親善の場でも広く活用されることとなった。

世界遺産として高く評価され、永久的保存が叫ばれている合掌造りとともに、「こきりこ」は五箇山を代表する 歴史的遺産として末永く保存されると同時に、心のふるさとの唄として慕われていくであろう。

楽器は、鍬金、筑子竹、ささら、鼓、横笛、太鼓など往時のままのものを今に伝え、豊穣を祈り祝う純朴な踊り であります。

コーナートップへ ↑


サイトマップ

トップページ


e-mail:calm@p1.tst.ne.jp